ロードバイクのフロントハブメンテナンス(SHIMANO 105 HB-5600)2015年08月09日 17:19

数年前に購入したホイールのフロントハブのメンテナンスをした。

商品詳細:SHIMANO 105 HB-5600

まずは分解の為の調査。
玉押しとロックナットをはずすのに必要なのは
薄型(2mm)の13mm幅のスパナが必要。

近所の100均とホームセンターで材料を調達。
・今回使用する道具
 ①13mm幅薄型スパナ2つ(ダイソー:薄型スパナ:\108×2個)
 ②リチウムグリース(\198)
 ③パーツクリーナー(\198)
 ④ウェス(\498)

薄型スパナを玉押しとロックナットに噛ませて外す。
玉押し側を固定しつつ、ロックナットを反時計回りで緩める。

ロックナットが外れた所。

玉押しは手で回して外れます。

片方の玉押しが外れたらハブ軸を抜きます。
ボールが片側に11個ずつへばりついているのでそれも外します。
完全にバラす前に軸の余り部分の長さを測定(約4mm)

シールゴム等も外し、完全にばらした状態。

まずはウェスで大部分のグリスを拭き取り、パーツクリーナーで綺麗に。
(パーツクリーナーはゴムを侵すのでシールゴムは拭き取りのみ)
玉押しは摩耗や虫食いも無くまだまだ大丈夫そう。

本体の方もウェス、パーツクリーナーで掃除。
摩耗も無く綺麗な状態。

完全に掃除した後は組立へ。
指でグリースをハブへ塗りつける。(両側)

塗ったグリスにへばりつける様にボールを装着。(両側)

ハブ軸側の組立。
先ほど測定した長さ(4mm)になるように片側の玉押し、ロックナット、シールゴムを装着。

玉押し、軸の部分にグリスを塗布し、ハブへ挿入。


もう片方の玉押しにもグリスを塗布し、ロックナットと共に組み付ける。

締めすぎ(ゴリゴリ)でもなく、緩すぎ(ガタガタ)も無い範囲で締め付ける。
玉押しを手で回せる所まで取り付け、次にロックナットを締める。
最後にロックナットを固定しつつ玉押しを緩める(ロックナット側に近づける)ように固定して完了。
最良を求めるときりが無いのである程度で妥協する。

自転車に組み付けて問題無いことを確認して完了。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://matasuke.asablo.jp/blog/2015/08/09/7729466/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。